小児矯正歯科|乃木坂駅から徒歩1分の矯正歯科なら、デンタルクリニックファインビュー

滋賀県彦根市の歯医者なら、つつみ歯科

歯医者の選び方

初回相談無料・お気軽にお問合わせください

0357853221

小児矯正歯科

小児矯正歯科とは

小児矯正歯科とは

矯正治療と平行して口腔筋機能療法(MFT=お口の周りの筋肉、および舌のトレーニング)も実施しております。歯の位置は、舌・口唇・頬肉・咬合筋など軟組織に大きく影響を受けます。また逆に歯並びによって、口唇の形態などに影響を及ぼすこともあります。さらにしゃぶりの指導、幼稚園、小学校を受験されるお子さまのための口元のバランス、発音の指導も行なっております。

小児矯正を始める時期

治療を開始するのに適した時期は症状によって異なり、早ければ早いほど良いという訳ではありません。まず、なぜ矯正治療を受けた方がよいのかを本人が理解する必要がありますから、6才頃からが治療可能な年齢といえます。この頃は乳歯から永久歯に生え変わる時期で、顎の成長が旺盛なため、矯正治療において非常に大切な骨格的なバランスを治療できる可能性がある時期です。
症状によっては、この混合歯列期に治療を開始するメリットのある場合もありますから、小さなお子さんの場合は、永久歯に生え変わる頃、一度ご相談ください。

子供の矯正をしたのですが、またガタガタに!?

子供の矯正をしたのですが、またガタガタに!?

子供の矯正はどちらかというと大人の矯正の準備段階という面が強いのです。混合歯列期には次から次へと歯が生え変わっていきます。ですからもともと顎が小さいお子様で歯が大きければ生え変わる段階で顎に入りきらなくなると、横の方に生えてきたり、きれいに並んでいた歯を押しのけて生えてこようとします。

そのためまたガタガタになってしまう事があるのです。

子供の矯正の必要性とは

子供の矯正治療でもやはり前歯をきちんと並べます。これは上と下の歯の咬み合わせが悪い時に顎の成長方向に悪影響を与えてしまう事があるからです。例えば、小学校低学年の頃に前歯が生え変わる時にたまたま歯の生えてくる方向が悪くて上下が反対に咬み合わさってしまいそのまま放っておくと、悪くなる事はあっても良くなる事がありません。

これは顎の成長は上が先に成長するため、その成長が反対の咬み合わせによって抑制されてしまいます。そして上の顎の成長がほぼ終わってから下の顎の成長が始まるので反対の咬み合わせがひどくなってしまうのです。また前歯のガタガタによって上下の歯が互い違いになっていたりすると、下顎が咬み込む時に右左にずれてしまう事があります。すると顎の成長方向もずれてしまう可能性が出てきます。

いずれの場合でもすべての歯が永久歯になった頃には、ほぼ顎の成長が終わっていますのでその時に上下の顎がずれた状態ですと外科手術をしなければ正常な顎の位置関係に直せないという事になってしまう可能性があるのです。
子供の矯正はそうなる可能性がある咬み合わせを、まだ成長があるうちに予防的に直すという意味合いが強いのです。

歯並びが悪いとみんな顎が曲がってしまうんですか?

歯がガタガタだからといってすべてのお子様の顎が曲がってしまう訳ではありません。ガタガタがあっても上下の歯が咬んだ時に引っかかっていなければ、その可能性は低くなるとも言えます。むしろその場合、矯正装置を付ける事によって歯ブラシがしにくくなり虫歯を作る要因を大きくしてしまう可能性もあります。

症例によってする方がいいのか、しなくても大丈夫なのかの判断はやはり専門家でないと分からない部分もあると思います。そのお子様にとってどうする事が一番良いのかをご両親と良く話し合って方針を決めていきます。もしちょっとでも心配な事があれば相談料は頂いておりませんので、お気軽にご相談ください。

ページトップへ