症例|乃木坂駅から徒歩1分の矯正歯科なら、デンタルクリニックファインビュー

滋賀県彦根市の歯医者なら、つつみ歯科

歯医者の選び方

初回相談無料・お気軽にお問合わせください

0357853221

症例

case.1 叢生

case.1 叢生

case.1 叢生

【状態】
一般的に歯並びが悪いと言われるものの多くがこの歯がでこぼこになっている状態です。この場合、歯ブラシを丁寧にしようとしても歯の重なっている部分に磨き残しができやすく、虫歯、歯周病にかかり易く、また見た目、人に与える印象も良くありません。原因としては乳歯の虫歯、早期脱落による後継永久歯の萌出スペースの減少、顎の骨の発育不足などによる歯と顎の大きさのアンバランスなどが考えられます。

【治療方法】
軽度の叢生の場合はヘッドギヤー、GMD、矯正用インプラントなどの使用や、歯のスライスカット、顎骨の拡大などによりスペースの確保を行います。また重度の叢生の場合、やはりスペースの確保のため上記方法の他に やむを得ず抜歯を行うことがあります。

case.2 下顎前突

case.2 下顎前突

case.2 下顎前突

【状態】
上の前歯が下の前歯に比べて前に突き出しているいわゆる出歯の状態を上顎前突と言います。この場合、前歯が出ているので唇を閉じるのが困難になります。普段から口元が出ている状態になりますから、叢生に比べて顔貌への影響が強く出てしまいます。この状態の多くの方が唇の力が弱く緊張感が無いぼてっとしたしまりのない唇になりがちです。

またこれらのことがコンプレックスになり消極的になってしまう方もいます。原因としては、遺伝により上顎の発育が強い、または下顎が発育不足である、アレルギー性鼻炎などによる口呼吸、指しゃぶり等の悪習癖などがあります。

【治療方法】
全体的に歯並び・噛み合せを治療する方法と、部分的に気になるところだけ治療する方法があります。
下顎前突の原因、症状の度合いで多少変化致しますが、通常全体的に治療する場合、全体的な矯正装置が必要になります。

case.3 開咬

case.3 開咬

case.3 開咬

【状態】
顎を閉じた時に奥歯だけが咬んでしまい、上下の前歯が咬み合っていない状態を開咬と言います。この場合、奥歯でしか咬んでいないので奥歯に負担が集中し、歯の寿命を短くしてしまう可能性があります。また前歯でものを噛み切ることができずに、食事に時間がかかる、食物が細かくなりづらいために胃腸に負担がかかるなどのデメリットがあります。

発音もしづらいため不明瞭となりがちで、会話にストレスを感じたりコンプレックスの原因になる可能性もあります。原因としては遺伝的な上下顎骨の成長方向によるものや、アレルギー性鼻炎などによる口呼吸や舌癖、指しゃぶり等の悪習癖などがあります。

【治療方法】
幼少期には悪習癖をやめさせるように指導したり、習癖除去装置を装着する、舌のトレーニングをするなど原因除去療法を実践します。また部分的な矯正ワイヤーを装着したり、ヘッドギヤーなどを併用する場合もあります。アダルトケースではほとんどの場合マルチブラケット法で治療します。また上下顎骨のズレが大きい場合は外科手術を併用することもあります。

ページトップへ